2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


なんだかんだでレポート10はかなり最後のほうのアップとなりましたえどさん“です。
最初はレポートだけのはずがいつの間にか

『えどさん“が行く』

なんて動画まで出演させていただき本当に恐悦至極に存じます。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

私のレポートは、ただ純粋にFINAL FANTASY XIII-2を楽しんでプレイした事を綴ったレポートです。
ですので非常に個人的な見方での記事となっていたので、
今思えばもうちょっと皆さんに色々お伝え出来ていればなぁと若干後悔もあったりします。
とはいえ私のようにモンスター育成等のやりこみの部分が好きな方には
少なからず何か伝わったかな?といった感じでしたが如何だったでしょうか?
今までのレポートを見たご意見ご感想等ありましたら
私のツイッター(edosanT)にでもお願い出来れば泣いて喜びます。

さてさて、ここまでモンスター育成を重点的にご紹介して来たえどさん“ですが、
最後もモンスターについてのレポートで終わろうと思います。
その前に、何故レポート10が遅くなったかというと、
『最後のレポートは製品版後にさせて下さい!!』
とお願いしたからです!なのです!
自分勝手でほんとごめんなさい (TωT)
いやレポート10がアップされるのは発売後ですよというお話でしたので、
それなら製品版もやってからのレポートが一つくらいあってもよかでしょ?
という自分ルールに乗っ取って、動画のアップ等もあったどさくさに紛れたわけです(あるぇ〜?
とはいえ単純にそれだけではないんですけどね。
テストプレイ時に気になっていた、


『コロシアム』


のことをレポートしたかったんですよ。
テストプレイ時には『コロシアム』は機能していなかったんですね。
で、担当の方に聞いてみたところ発売後のダウンロードコンテンツであるということで、
ず〜っと気になっていました。
ダウンロードコンテンツは、発売後でも新しい要素が追加されるシステム。
結構色々なゲームで使われている拡張コンテンツですね。
これがあるか無いかで発売後の広がりがまるっと違うので、
個人的にはダウンロードコンテンツはあったほうが良い派。
最初から全部入れろよ!!という方もいるのは間違いないとは思いますが、
自分の好きなゲームをクリア後ももっと長く遊びたいと思う方には必須なシステムだと思います。
 FINAL FANTASY XIII-2は発売後早速一回目のダウンロードコンテンツとして、
『コロシアム』が解禁となりました。
『コロシアム』では本編では出てこない様々な強力なモンスターが配信されるということで
今から何が配信されるかwktkです。
今回の『コロシアム』解禁で現れるモンスターはあの、


『オメガ』



FINAL FANTASY シリーズをプレイしている方にはお馴染みのモンスター。
今までの作品ではまあ見事に苦労させられましたねw
こやつが発売後一週間で配信とかスクエニさんたまらんぜよ!!
しかもデザインがFINAL FANTASY Vのオメガに近い!!!
これだけで古株ファンの私にはよだれとかえど汁とか飛び散らせまくりですよ!!!!
しかもこいつ、


「倒すと仲間になる」


あのぉ、オメガがぁ〜、仲間にぃ〜、なったぁ〜〜(うるるん風に
おい!おいおいおい!おい!!!
そんな素敵なサムシングがこんなところにあるとは夢にも思うまい!なのです!!
この他のダウンロードの今後の予定には、
1月にセラとノエルの追加コスチュームや、
コロシアムにはオメガよりも更にびっくりなあのお方、


『ライトニング』


の配信も決定しているそうな!!!
詳しくはこちらでご覧下さい。
http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13-2/#/trailers/trailer_dlc_01

っとなんかすごく宣伝くさくなってしまいましたがそれほど楽しみだったものでつい。
早速クリアしている方もいると思いますが、
今後のダウンロードコンテンツをお楽しみに!!(また宣伝くさい


で、ここからがレポート10本編。
前置き長っっっっっっ!!!!!
ここまでのレポートを読んでいただいて解ったと思いますが、
『オメガ』とやらないとえどさん“のレポートは終わらんでしょ?ってことです。
この『オメガレポート』を書くために22日の配信まで待ってから書いてます(キリッ
てかね、製品版が出て一週間くらいですが、
すでにプレイ時間が70時間超えてるんですよ・・・ね・・・。
テストプレイの時間の倍以上やってます。
おかげさまでレベルはカンスト、モンスターもアホみたいに強くなっております。


 
見よ!!!この錚々たるモンスター達を!!!
ごめんなさい育成が楽しくて楽しくてずっとやってしまいました。
やめて!!ひかないで!!!もうすぐ40歳のおっさんがアホかとか言わないで!!!
こ、これも仕事だからに決まってるじゃないですかぁ
(自分からこう仕向けたとは気づかないフリをしてください

あ、そうそう。
テストプレイで大活躍したうちのボコが赤くなりました。
 

ものっすごく育ちました。赤いから3倍補正だと思います。

あ、前回ディフェンダーが強いというお話をしたと思いますがこんなの捕まえました。

 

HPもっと伸ばしたいー。
今までのレポートであったようにHPライズをしまくればもっと行くはずです。
そして実はもう一匹隠れた才能を見つけました。


 

あのケット・シーがレベルMAXまで来るとこんなに強くなるんですよ!!!!
まさか最初に仲間になるケット・シーがこんなことになるとは誰が想像したか!?

 

スキルもこんなに引き継いでものっそ強い。
かなり頼れるヒーラーとなってパーティーを癒しまくっていますよ!

これだけ育てたモンスターがいればコロシアムも怖くないはず!!
早速ダウンロードしたコロシアムへと馳せ参じます!!!

 
 


ストーリーで立ち寄った時は何かと戦うことは出来ませんでしたが、


 


オメガキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


 


いるし!!目の前にいるし!!!!


 
なんかイベントはじまったああ!!!タイトルかっけええまじで!!!
目からビーム出すよね!これ目からビーム出すよね!!!

そんな興奮のイベントシーンが終わり戦闘開始!!!

とはいえこの最強モンスター達に掛かれば問題なく倒せるっしょ?( ´,_ω`)


 
ちょまっ!すっごい食らってるうううううううううう!!!!
ほんとすみません余裕ぶっこきすぎました( ̄ω ̄;)
あ、写真に写ってるのはオメガの攻撃ではなくジャボテンダーの足です。てへ。
 


なんかエフェクトすごくてぐっちゃぐちゃだが波動砲食らってあばばばばばばばば



 

正直すまんかった m(_ _)m
ちょっと舐め過ぎましたほんとごめんなさい。
このゲームのすごいところは最強だと思っていたアタッカーやブラスターがちょっと油断してそのまま戦ってると速効倒されることが多々あるんですよね。
ちゃんとパラダイムシフトを使ってロールを変えていかないと見事に敗北。


このように!!!!!


そして今までの教訓を活かし再戦!!

 

 

 

さすがオメガといった感じの攻撃をしのぎ、数戦後にとうとう



撃!!破!!!!

いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!!!

そしてめでたくオメガが仲間に!!!!











ならないし!!!!!!!!!!


か、確定じゃないのかあああああああああい!!!
んな馬鹿なwwwww
これ一回きりだったらどうしよとか考えつつも、
もう一度ヒストリアクロスに戻って再度コロシアムへ入るとまたいましたw
良かったぁ(´・`*)
これで仲間にならなかったらPS3をモーグリのように投げてたわwww
その後3戦程戦った後、

 

見事にオメガゲットしましたあああ!!!!



レベル1でこれとかすげえなこの子( ゚Å゚)
さすがダウンロードコンテンツ。さすがオメガです。

といった感じでオメガを仲間にすることに成功して私のレポートミッションは終了となります。
レポート10でどうしてもダウンロードコンテンツをお伝えしたかったので、
つい本気でプレイしてしまいましたが如何だったでしょうか?
えどさん“のようにアホみたいにやらずとも、
年末年始でゆっくりプレイしてこの『オメガ』を倒して仲間にして育てて下さいね!
ちなみにレベルMAXまで上げるととんでもなく強いですよw
オメガだけでなく、本編で出てくるすごいモンスター達もご紹介したかったのですが、
さすがにこのへんで終わりたいと思います。
これだけ育てたモンスター達なのでコロシアムでオンラインに繋いで、
育てたモンスター3体をPTにしてオンラインで戦えたら面白いんじゃないか?
と思いましたがそれ別ゲーですねw

ということで、えどさん“のレポートはこれにて終了となります。
約3か月の間お付き合い頂き本当にありがとうございました。
通常業務のゲーム実況とはまた違った形でのお仕事でしたので、
至らない点は多々あったと思いますが、
皆さんに少しでも『FINAL FANTASY XIII-2』の楽しさをお伝え出来たんじゃないかなと。
(伝わってなかったらほんとすみません(*ToT)
今回ご紹介したダウンロードコンテンツも含め、
まだまだ『FINAL FANTASY XIII-2』の世界は終わりませんので、
今後の展開にご期待下さいね!!

えどさん“のJUDGE13レポートを読んで頂いた皆様、
またどこかでお会いすることを願い、これにてひとまずお別れとなります。
あ!そうだ!「えどさん“が行く」の次もありますからね!
そちらもお楽しみに (`・ω・´)ゞ

最後まで本当にありがとうございました!!



良い写真が撮れた!!!えどさん“です(すでにコーナー化してる

 

後半ボコと共に歩んで来ましたえどさん“レポートもこれで9回目。

気が付けば発売日前日レポートですね。

そうそう、

週末はスクウェア・エニックス メンバーズ クリエイターキャンペーンイベント会場に

私が出没しましたが見かけた方もいらっしゃいますか?

赤いツナギでウロウロしてましたがなんとか通報されずに済みました(‘◇’)

 

さてさて前回までの記事を読んで頂いた方にはお分かりだと思いますが

今回は我らがチョコボのボコの旅の最終回。

正直ここまでボコの記事で引っ張るつもりは無かったんですが、

気が付けばゲームプレイの半分以上をボコと共に旅して来た事に気がつき、

思い出もボコとの思い出ばかりだったんですね。

全編通してセラとノエルがずっと一緒だというのにね!(あるぇ〜?

そんなボコはチョコボレースの真っ最中。

ファルシカップ出場という快進撃を続けて来ました。

ここまでの順調な戦績を見るとファルシカップといえど恐るるに足りんと勢いこんで出場!!

とはいえ一番上のグレードレース。

多少なりともハードルは高いかな?と思いオッズ表を見ると・・・

 

なんだ1.2倍か・・・・・・

 

 

っておい

 

 

え?何これどういうこと?12倍?1.2倍じゃなく12倍

 

 

 

良く言うと、大穴

 

 

 

悪く言うと、カス

 

 

うそおおーーーーん!!!ボコすげえ強いよ!?

いや、強かったよ!?!?

とはいえ何かの間違いかもしれないとレースに出場。

開発中のROMだしね!

 



 

惨敗orz

 

驚く程惨敗。

 

超ビリっけつ。

 

まさかここまで勝てないレースになろうとは誰が予想しただろうか!?

いや確かに他のチョコボの名前がレベルの高さを物語ってはいますがここまで叩きのめされるとは(;´д⊂)

その後、もうワンチャンあるで!!と何度も挑んでみましたが全部勝てず(´;ω;`)

ビ、ビリを脱出出来た回もあったんですよ!?(1位じゃなきゃ意味なし

 

ファルシカップの洗礼を浴びたボコは早々に引退することに・・・・・

 

 

ならないし!!!!

いや別に一番上のグレードで勝つのが難しいってだけで他のグレードではアホみたいに勝てるんですからね!

それなら無理な戦いを挑まず勝てるレースで確実に勝ってコインも賞品も頂けば良いだけですよ!!

 

 

・・・現状のボコならね( ̄― ̄)ニヤリ

 

 

この時点のボコのレベルは70

そう、限界な訳ではないんです。

ならばもう一度ボコのレベルを上げて、

最強ボコになって帰ってくればいいんですよ!!

 

 

ですがそれはまた別のお話。

テストプレイではそこまでのプレイをする時間は無く、

残念ながらボコの冒険はここまで。

非常に心残りではありますが、ボコとはお別れとなります。

 

まあこれは、

製品版でチョコボを仲間にして生まれ変わったボコを育てろって事ですねワカリマス。

 

とはいえボコとの冒険だけで私の『FINAL FANTASY XIII-2』テストプレイが非常に楽しいものになれたので、

PTのメインアタッカーがボコで本当に良かった。

ボコありがとう!!ありがとうボコ!!!

 

 

 

 

 

 

 

ま、その後のアタッカーは全てベヒーモスだったんですがっっ!!

 

 

 

 

戦闘に関してはやはりベヒーモスのほうが強いという印象であるのは間違いなかったんですが、

進めて行くうちに他のアタッカー候補が何匹か出て来ていたんですよ。

具体的には言えないんですが、ベヒーモスシリーズ(シリーズ?)も一種では無かったので、

他も仲間にして育てたかったけど時間がなかった(;´д⊂)

全部アタッカーではなかったので、他のロールのモンスター候補でした。

って今これ書いてて気がついたんですが、俺アタッカーの事しか書いてない!?

いや確かに脳筋好きなんですがそれにしてもアタッカーしか使ってないみたいな感じなのもどうかと思う!

実際の戦闘でのロール選択は、

雑魚戦ではセラ:ブラスター ノエル:アタッカー ベヒーモス(ボコ):アタッカー

で問題なく行けます。むしろサクサク。

ただしボス級に対しては色々変えるほうが明らかに戦闘が楽になります。

上記のもののままで押し切ることも可能ではありますが、

その場合回復がいないので回復はポーションがぶ飲み。

それはそれでやれないことはないですが、わざわざ消費しまくるのもどうかと思うので、

素直に他のロールを使うほうが良いです。

個人的にオススメのモンスターは、ディフェンダーロールのモンスター。

ヒーラーももちろん使っていましたが、

ディフェンダーを使った場合それこそポーションでの回復でも十分間に合ったりするので、

結構ディフェンダーに任せていましたね。

ですが、これは感覚的になんですがディフェンダーモンスターがあまりいないんです。

てか出会わない。

明らかに他のモンスターよりも出現率の低いモンスターがいるのは間違いなく、

ディフェンダー系は結構それだったり。

前作のサイレス水郷にいたスケイルビースト系とかは明らかにディフェンダーだったりするので、

その辺探すといるのかな?

私が仲間にしたディフェンダーは大平原のとある気候の時に出会えるゴブリン系のなんたら(名前は伏せます)

成長的にはレベル70とかまでいくモンスターではなかったんですが、

最後まで使えたディフェンダーでしたね。

ディフェンダーロールのモンスターは何が良いって、

『ディフェンダーが入った時点でPTの防御力が上がる』

これ。これすっごく大事。

単純に敵の攻撃がディフェンダーに集中するのでセラとノエルは攻撃に専念(もしくは回復や支援)出来るんですが、

全体攻撃等を使ってくるボスの場合、このPT防御力のアップ効果が非常に有効。

ってかこれないとキツいのも結構います。

今回はセラもノエルも好きなロールを育てられるので二人にディフェンダーを振ってもいいんですが、

ディフェンダーに必要なものってやっぱりHPの高さだと思うんです。

それを踏まえるとモンスターのほうがHPが高い場合が多く、

魔力の高いセラはブラスター、攻撃力の高いノエルはアタッカーで固定したほうが結果としてバランスが良い。

エンハンサーもジャマーもヒーラーもセラとノエルでまかなえますが、

ディフェンダーだけはHPの高いものが多いモンスターが良いんじゃないかなという結論です。

ただしエンハンサーやジャマーはセラとノエルのレベル次第では明らかにモンスターのほうが良いのも事実。

覚えるものがモンスター毎に違うので、早々にフェイスガとかプロテガとか覚えるモンスターがいた場合そちらのほうが良いですもんね。

私みたいにモンスターを集めまくってレベルも上げまくってるとそのへんどう組み合わせようかと逆に迷いすぎるので注意w

単純にパラダイムシフトに組み込めるモンスターの数は3種までなんです。

ですので全てのロールのモンスターを用意したとしても、

実際に戦闘で使えるモンスターは3種のみとなります。

私の構成だとアタッカーは必須でディフェンダーも入れるとなると残りは1枠。

そこへヒーラーを入れるべきかエンハンサーを入れるべきか、

はたまたジャマーを入れるべきかもう一種のアタッカーやブラスターを組み込むべきか等、

ここでも無限に悩む訳です。

モンスターが増えて戦力が充実してくればくるほど嬉しい悲鳴があがるというね(~_~;)

しかしディフェンダーの事記事にするつもりが無かったので写真が撮れてないのが残念です(ほんとすまん(;´д⊂)

あ、時間に追われてテストプレイをしているように書いていましたが、

実はテストプレイの日を増やして頂いたりしたので結構やってはいますw

あと終わりの時間だってのにずっとやってたりねw

むしろ製品版で家でプレイだったらどんだけやり込んでしまったのかと恐ろしくなりました。

開発ROMだったので実際の製品版とはバランスやら仕様が変わっているとの事ですので、

改めて製品版をやってみたいですね。てかください(キリッ

この時点ではとあるフラグメントスキルを使うとお金無限に稼げたりしたのでw(おっとNGか!?

 

 

といった感じでお送りしてきましたえどさん“のJUDGE13レポートも次で最終回。

次は発売後ということですがまだ書けていない事に触れつつまとめになる予定です。

とはいえ最終回の記事は発売後なので何書いても大丈夫だと思うのでネタバレ書きまくりますか?w(怒られます

 

それでは皆さん、『FINAL FANTASY XIII-2』を

是非とも存分にプレイして『FINAL FANTASY XIII-2』の世界を堪能しまくってくださいね!!

 

 

 

 

おまけ

 

『本日の日本語でおk

 


 

なのです(‘∇’)

 

 



ボコとの思い出。

一緒に大平原を走り回ったね。

理不尽に投げられたあげく何もなくて残念そうにしているモーグリを一緒に笑ったね。

ノエルがかち上げたモンスターをこれでもかとつっついたね

雪の降る遺跡でセラとノエルが寒そうにしている横で毛皮に包まれドヤ顔をしていたね。




ベヒーモスに出会うまでは・・・・・・。




ボコは途方に暮れていた。
レベル70の自分の価値。
最強と謳われた時間はすでに過去のもの。
アタッカーとしてセラとノエルのPTを引っ張ってきたのは自分じゃなかったのか?
ぽっと出の脳筋野郎にアタッカーの座を奪われる程の価値しかなかったのか?
こんな事ならPTのメンバーとしてではなく、
移動手段としてのチョコボに産まれれば良かった・・・。
ボコの悲しい声が時空の狭間に響く。



クエエェェェェェェェ

 

 

 

クエエエエェェェェェェェェェ

 

 

 

 

クエェェェ・・・。




ふと見るとボコは知らない場所に居た。
ここはどこだろう?
今まで行ったどの場所とも違う。
とても煌びやかで賑やかで、それでいて少し切ない。
そんな場所にボコは辿り着いた。

ん?自分と同じ臭いがする?しかも複数。
いや、複数どころではない数のチョコボの臭いが漂ってくる。
ボコは自然と足を進めた。
ロビーへと入るボコ。
ボコの入った場所、そこは・・・







チョコボレース場!!!!!




ボコ視点で始まりました第八回!!!
ボコにこんな仕打ちをした私がえどさん“です。やめて!!石は投げないで!!
違うんだ!ベヒーモスをアタッカーにした理由は本当はこれだったんだ!!!
FINAL FANTASY XIII-2にはなんとカジノがあるのです!
ここのカジノではスロットとチョコボレースがプレイ可能!
どうやら何かのきっかけで他にも施設が増えるらしいとか?
現状ではこの二つの施設で遊べるわけですが、
私がここに来た理由はただ一つ。


チョコボレースにボコを出場させる事ヽ(`Д´)ノ

やったねボコ!!
このために君を育てたと言っても過言ではない!!
いやほんと。
だってベヒーモスをいくら育てたところでチョコボレースに出場する事は出来ないですからね!
それに比べてチョコボは育てれば戦闘でも使えるしチョコボレースにも出場出来るし非常の時は食料に(は出来ない)で万能選手すぎる!
やっぱりボコを育てて良かった!

ボコ大好き!ボコまっしぐら!!

というわけでやって来たのは時空の狭間にあるというザナドゥという場所。
ここにはカジノしか無いというある種異質な場所。
専用のコインを使って遊ぶのがルールの場所ですが、
コインの景品だけでなくここにあるチョコボレースで勝利してグレードを上げていくと通常では入手出来ない賞品が山のように手に入ります。
ですのでやり込み派の方々には切っても切れない存在。
それがこのカジノなのです!!
早速うちの万能選手ボコをエントリー!!

 
スタミナは無いけどスピードはA!!
スキルも3種持っていますね。
不倶戴天、スプリンター、ロケットスタートは明らかに先行逃げ切り型のチョコボ。
このボコを使ってチョコボレースを蹂躙してやるぜ!!

ここでルール説明。


 


最初はコクーンクラスから始まります。
クラスが上がるとより良い賞品がもらえます。
ただし、低いクラスでもグレードレースという通常よりもレベルの高いレースでは賞金も賞品もそのクラスではもらえないようなものが貰えますのでガンガンこなすべき。
ですがチョコボにはRPというポイントがあり、それを消費してレースを行うので、RPが無くなるとレースに出場出来なくなります。
RPの無くなったチョコボは残念ながら引退。
ですのである程度欲しい賞品に絞ったレースに出場したほうが良いですね。
現状ではRP回復は出来なかったので、やみくもにレースに出すのは止めたほうがいいです。
どうやらレベルの高いチョコボのほうが速いチョコボになるのは間違いなさそうですので、ある程度育ててからの出場でないと余裕で負けます。

試しにボコの出場前に赤チョコボレベル45で出場させてみたところ、
最初のクラスなんかは余裕ですが、

 

少し上のクラスに出場したところ、


 

余裕の敗退(;´д⊂)


チョコボによってスキル構成やスピードやスタミナの数値がまったく違うので、
チョコボ育成時にどう育てるかが鍵のようですね。
とはいえうちの最強ボコならばさすがにガンガンいけるはず!!
問答無用でレースに出場です!!

 

うはwwwwwww倍率1.0wwwwwwwwwwwwwwwww

 

負ける要素無いwwwwww


 

余裕の圧勝。

タイムも基準タイムより3秒速い!!
倍率が1.0倍なのでコインかけても意味ないのがたまに傷(*’-‘)




どんどん勝つ。




ちょっと上のクラスになるとさすがに倍率が1.5倍になったね。




ひた走るボコ


 

安心と実績のボコ
倍率1.5倍でコインもうまい!!!

 

 

あー負けてみたいわー。


俺負けって味わったことないから


一度負けてみたいわー。




びっくりするくらい順調にレースを進めて行った結果、
なんと一番上のファルシクラスまで駆け上がる事に成功したボコ!!!

ボコの破竹の勢いを止める事の出来るチョコボは存在するのか!?
まさかこのまま全てのクラスを走破してしまうのか!?
結果は次回の記事でヽ(`Д´)ノ


次回:ボコ、暁に燃ゆ!?

にご期待下さい!!




✩おまけ


 

・・・。



前回のラストでまさかのリストラの危機に陥ったボコ。
いくらベヒーモスが強いとはいえさすがに即リストラは可哀想!なんとかしてあげてください!というお便りを3万通頂いたのでなんとかすることにしました。
(この件にスクウェア・エニックス様は一切関与していません

単純に強ければもう一度一軍に戻れるんジャマイカ!?
アタッカーですからその一点のみですよね!
ならばもうレベルを上げるしかない!!
現在のボコのレベルは45。
ベヒーモスのレベルは15。
なのにベヒーモスのが攻撃力高いっていったい・・・。
とはいえアビリティだけ見た場合明らかにボコのが優れているのも事実。
あ、でもベヒーモスにもそれくらいアビリティを継承すればレベル低い上に強いという最強アタッカー出来るんじゃね?
ぬあっ!!!ボコ超ピンチ!!!!!
と、とりあえずボコのレベルを上げる事にしました(すでに危うい
そんな事を1人で考えている横でえどさん“&ふみいちの相方のふみいちがプレイ中。
せっかくだからとモンスター育成どんな感じにやってるかを聞いてみたところ、




ふみ「やってません」


 (;゚Д゚)




えど「育ててないの?」
ふみ「勝手にクリスタルになったやつを敵が落としたアイテムとかで多少はレベル上げてますがわざわざ仲間にとかやってないですね」


 ((;゚Д゚))



えど「そ、そう・・・・・・あ、どこまで進んだ?」
ふみ「何日か前にクリアしました」



 ((((;゚Д゚))))





人って同じゲームをプレイしていてもまったく違う事を求めるんだなと再確認する出来事だった訳で。
しかも今回は時間の限られた中でのテストプレイなので、
13人各々がまったく違った観点で記事作成のためのプレイスタイルを取っています。
えどさん“とふみいちが同じことやっても面白くないですしね。
なので実際のゲームでも皆さん次第でまったく違う遊び方になるのは当たり前。
私のようにモンスター集めに奔走するも良し、
ストーリーをひたすら追うも良し、
無数に存在するフラグメントを狂ったように集めるも良し。
あんま言うとハードル上げすぎちゃうのでアレですが、
そういった楽しみ方の出来る作品になっているのは間違いありませんので、
早く皆さんにも味わって頂きたいですね。

いやいやボコの話。

ボコどうすんのって話ですよ!

話がまたヒストリアクロスの可能性に引き込まれていましたがボコの件を進めましょう!

ちょうどさっきの話で物語が思いの外進んでいるというのを知ったのでここはストーリーを進めてモンスターをよりレベルアップさせるルートにしました。
単純にレベルアップ用のアイテムを集めるのが大変なんですw
お店で売ってる成長アイテムはこの段階ではグレード2までのものしかなかったので、
高グレード用のアイテムは敵を倒して入手していました。
それなりにドロップするとはいえ時間がかかるのは間違いないので、
時間短縮のためストーリーを進めるという決断です。(ストーリーが見たいとかないのかい)
いやストーリーがつまんないとかではなく、目的がモンスター育成だからですよw
最初のころに少し触れていましたがそれ以降まったくストーリーに触れていなかったので今どんな事になってるか説明したいんですがネタバレ事項的に何も言えんヽ(´―`)ノ
しいて言うなら新キャラ出た。
巫女のユール
この子がカイアスと共にちょくちょく出てきます。
てかすごく重要な人物。
ユールかわいいよユール。
あ、あとスノウとかも出たね。
もうあの人良い意味でも悪い意味でも馬鹿。ほんと馬鹿。
それがスノウだからしょうがない。
あとはホープもいます。しかも成長してる。
それの後をすごく行動的についてまわるアリサ

明らかにホープ狙ってんなこの娘!!!

全国10万人のホープファンと戦う意思があるのならばホープを追うがいいさ!!

等々と新旧キャラが出揃いストーリーは進んでいます。
ものっすごく要約すると、

『この世界はどっかで誰かが変えてしまったから元に戻さなきゃ!!』

簡単ですがこういう事です。
そのためにヒストリアクロスを使って過去や未来を行ったり来たり。
あ、これはふみいちの記事にもありましたが過去といっても未来にいってから戻った過去という意味で本当の意味での過去には戻らないです。
基本は前作のラストから3年以降の物語。
行ったり来たりしてると過去にも行ってる気になるんですが実は全部現在〜未来を旅する事になります。

で、ボコ。
この子を育てるためにストーリーを進めた結果かなり後半まで一気に進めることが出来ました。
そして成長アイテムもグレード4までのものを入手!!!
これでボコのレベルが飛躍的に上がるわあヽ(´―`)ノ


結果

 

ボコ レベル70


すっげ!ボコすっげ!!!
これでベヒーモス最強とか霞むっしょ!!やっぱボコっしょ!!
やっぱりうちのアタッカーはボコしかいない!!
と心に誓う寸前ふとある疑問がよぎる。





『あれ?ベヒーモスもグレード4まで鍛えられるんじゃね?』



と、もう一人の俺が、悪魔の囁きを告げた。
まさかそんな・・・これだけレベルの高いボコより強いわけが・・・・・。


私はグレード4成長アイテムをそっとベヒーモスに使う。


レベルの上がるベヒーモス。


グレード4限界までもう少し。


上がった。


現在のベヒーモスのレベルの限界だ。


私はベヒーモスの攻撃力を見た。




・・・。





・・・・・・。





・・・・・・・・・。






それ以降ボコがアタッカーロールに乗ることは無かった・・・。







次回:ボコの価値

でお会いしましょう!!!!





✩おまけ


ボコからアタッカーの座を奪い取り大暴れのベヒーモス



ボコ・・・お前にはまだやれることが!!!







セラさんを横からも撮ってみました。そんな私はえどさん“です(これ公式だよね?

 

前回から引き続きモンスターについての探求の旅は続く。

そろそろ情報も解禁してきたかな?と言うことでモンスタークリスタルについてもうちょっと突っ込んだお話をしようと思います。


画像の通り、モンスターは成長アイテムによって成長します。

とにかく持てる限りのアイテムをモンスターに与えていけばレベルが上がっていくので難しい事はありません。

ですが、ここで一つ注意。

【大きなクリスタルを取得する時には、成長アイテムによって、

「ちからライズ」「魔法ライズ」など成長ボーナス値が加わります。

大きなクリスタルに、どの成長アイテムを使うかがポイントです。】

これが地味に重要。

セラとノエルの成長の仕方との違いがここにあります。

セラ達はこの大きなクリスタルの事を気にしないでレベルを上げていけますが、

モンスターはただ成長アイテムを与えていくだけでは普通に育つだけ。

もちろんそれぞれのモンスター自体に個性はあるのですが、

自分で成長させることが出来る以上、

ある程度方向性を決めた成長をさせたいと思うのがモンスター育成人の性。(育成人?)

個人的には早熟のモンスターは特化型、

晩成型モンスターは将来を見越してロールに合わせた育成が必要だと考えます。

とはいえ、成長を促すアイテムの種類は基本的に『ちから』、『魔法』、『生命』、『万能』

の4種類。

それほど沢山の選択肢があるわけではないので、

モンスターの特徴に沿った形で育てていけばそんなに失敗するような事はないようになっています。

『ちから』は攻撃力なので明らかにアタッカー向けですが、

元から勝手に上がっていく『ちから』は無視して、

生命に振ってHPを上げたりすると

長期戦にも耐えられるアタッカーになったりするのでそのへんは完全に好みですね。

私は基本脳筋が好きなのでアタッカーには『ちから』しか注ぎ込まないですがw


大きなクリスタルに成長アイテムを使った時にはこの数値にプラスして、

『ちから』なら攻撃力、『生命』ならHPが追加で上がるという仕組みです。


こんな感じ。

(注意:上の写真とは続きものではないので数値は違います

 

さすがにテストプレイヤーとはいえ時間の制限があったので、

同じモンスターに2種のアイテムを使ったときの差を見せるといった

テストプレイどころの話じゃない事はやっていませんw

え?やれよ!って?

 

 

自分で試せ!!!!(めんどくさかっただけなんて言えない)

 

 

そのへんは有名ゲーム雑誌の攻略の人とかにお任せしますヽ(´―`)ノ

 

 

様々なモンスタークリスタルを入手して

モンスターをはすはすと育てて行くのはいいのですが、

何か物足りない、という方もいるのではないか?

そうなんです。ただ育てるだけじゃ普通のPTの3人目ってだけですよね。

それならライトニングさんとかライトニングさんとか

ホープきゅんとかライトニングさんとかPTに入れたいですもんね。

あとサッズ。

では何がモンスターの違うところなのか?

答えはこれ。

 


そうです!他のモンスターの持っているアビリティを継承出来るんです!!

これのおかげで自分の好きなモンスターを自分の好きなようにカスタマイズすることが出来る!!

これだよこれ!!こういうのが欲しかったんだよほんと!!

前作では次世代機のFINAL FANTASY シリーズが出るって聞いて、

こりゃもう絶対買うしかない!と喜び勇んで予約して、

前情報を見るたびにグラフィックすげー!なんじゃこの世界!!

そして発売して戦闘シーン見てなんじゃこりゃ!

RPGでこの動きとかありえねー!と大いに喜びつつも、

ファルシのルシがパージで?あれ?道歩いてるだけ?

セーブポイントにお店があるのはなんぞ?

宝箱というかなんか球体の物体が浮いてる中にポ−ション・・・。

うーん俺にはちょっと上級すぎるのかなぁと思ったのは隠せない事実。

つまらないんじゃない。ただ色々と惜しい。

ほんの少しずれただけでこうも噛み合わないとはなぁとそう思った前作。

いやFINAL FANTASY大好きなんです。 大好きだからこそそう思ったんです。

そして今作。

やりたかったFINAL FANTASYが来た。

少しプレイしただけでそれが解った。

ただ普通に『やりたい』と感じさせてくれるこの感覚は本当に嬉しい。

っと話がヒストリアクロスを遡って過去の話に行ってしまった!!(的な?

 

話を戻してモンスターのアビリティ継承です。


アビリティ継承はモンスターカスタマイズで行えます。

アビリティ継承以外にも名前の変更やデコレーションといった事も可能。

写真のチョコボはうちのエースアタッカーの『ボコ』


 


デコレーションでお花つけてみたり。

ってお花じゃなくてこれライトニングさん(;゚Д゚)!?

デコレーション専用アイテムも沢山あります。

 


続きを読む >>


友達がモンスターばかりになって楽しくて仕方がないえどさん“です(あれ?


前回から引き続きモンスターを仲間にするため奔走する私はモンスターの虜。

序盤なのにそこらに出てくるモンスターが見事に仲間になっていくのは俺を前に進ませないための開発の人の罠か!?

もうね、ずっとモンスター集めと成長やってたいの(*’-‘) 

だってみるみる強くなるんですよこの子達!!

 



ほら見てこのロボ!!!(ホプリタイ)。

成長してるの解ります?

セラとノエルが大して変わってないのにこのロボ(ホプリタイ)だけHP倍以上になってるっしょ?

ありったけの成長アイテムぶっ込んだ結果この差ですよ。

こんなに育つならそら成長させるわ!!って誰もが思うでしょ!!!

そんな開発の人の罠に見事にはまったわたくしがえどさん“ですヽ(´―`)ノ

このロボ(ホプリタイ)なんてほんと序盤もジョバンニ出てくるモンスター。

それがこんだけ育つ訳ですから他のもさぞ育つんだろうと息巻いて他のモンスターを育てていると、

あれ?

ホプリタイより全然育た・・・・・・ない?

なんで?なんでなの?

実はモンスターには成長速度というものがあるんです。

このロボ(ホプリタイ)の場合、成長速度が『早熟』なため、

他のモンスターよりも早く育ちます。

ですがその分限界レベルが低いというデメリットがあるんですね。

早く育つ分即戦力としてはありがたいけど将来性は無い。

逆に『晩成型』のモンスターもいるのでそちらはじっくり育てられる分成長が遅い。

どちらを選ぶかはプレイヤー次第。

もちろん成長『普通』もいます。(表記的には成長良)

ですので、大好きなモンスターを育てるか?戦力重視でとにかく強いモンスターを育てるか?

プレイヤーの好みが大きく分かれるところ。

やっぱり晩成型がいいんじゃないか?と思われるかもしれませんが必ずしもそうとも言えない。

早熟のモンスターはその場その場の戦力としては決して弱くないモンスターですので、

色々なモンスターをとっかえひっかえ使う事でバリエーションを持たせられます。

そして早熟故に速攻で成長限界まで達したモンスターはただの木偶の坊ではなく、

とある事に使う事になるんですがそれはまた次回以降でお話しますかね(*’-‘)


ここまで序盤の話。ほんと序盤。

モンスターが仲間になった瞬間これはやばいと思ったらこれですよ┐(゚〜゚)┌

ストーリーを追いたい!!という方は素直に進めたほうが無難です。

私のように無限にモンスターと遊ぶことになりますから…ね……。

そして序盤で仲間にしたとあるモンスターがまあ強い強い。

セラとかノエルとかぺぺぺぺーーってほど強い。

もう3匹この犬でいいんじゃね?ってくらいです。

あ、って言っちゃった(゜Д゜)

ど、どの犬かは言ってないもんね!!

どこの犬が強いかは製品版で探してねヽ(´―`)ノ


次回もまだまだモンスターのお話が続きますヽ(´―`)ノ





✩おまけ

サクっと仲間になったモンスター。


ケット・シーがっっ!!!!!!!!!


セラさんの胸元だけかと思ったら後ろ姿にも釘付けなえどさん“です(もうなんとお詫びしていいか解らん 

前回までは冒頭のチュートリアル的な要素が多かったので、 
今回からはとうとう冒険の旅と共に新要素等について触れていこうと思います。 
ネオボーダムからゲートをくぐった先に待ち構えるのは様々な時空へと繋がるヒストリアクロス。

 

このヒストリアクロスで過去や未来を行ったり来たりします。 
ひたすらストーリーを進めるも良し、色んな時間を旅してサイドミッションをこなすも良し。 
前作ではやり込み要素はかなり後半になってからでないと出来ませんでしたが、
今回は結構早い段階から色んな寄り道が出来るようになっているので、
私のような寄り道大好きっ子(子?)にはたまらん要素が満載。

ネオボーダムの次のエリアのビルジ遺跡では早速あれが登場します。
 

キタコレ!!!!!!!

噂のモンスター仲間作戦!!!!!! 
写真の通りモンスターを仲間にして様々なカスタマイズが可能に!!
モンスターが仲間になるってだけでやり込んじゃうのは何故?教えてエロい人!!
モンスターはセラ達と同じように成長出来るんですが、その成長にはアイテムが必要。
なんとかのネジとかなんとかのしずくとか色々あります。
敵と戦ってると結構落とすんですがお店でも買えます。
なんだお店で買えるのなら楽ですね(‘∇’)
 更に今回は敵がお金を落とすから楽すぎるヽ(´―`)ノ 





とか思ったら大間違いだこの野郎!!!!!




今楽だと思ったやつ正座!!!





全裸で正座!!!!!!



FINAL FANTASY XIII-2は前作のように歩いてれば道にも迷わず勝手にストーリーをこなせるような甘ちゃん仕様じゃないんだよ!!!!!
モンスター育成は自分とモンスターとお金との戦いなのだ!!!!!
敵がお金を落とすって言ったって言うほど大量に落とすわけじゃない!!
だがモンスターを育てるアイテムを買うためにはお金がいる!!
お金を稼ぐためにはモンスターとひたすら戦い続ける必要があるんだ!!
その戦いの中でラッキーな事に敵が成長アイテムを落とす事もあるのが救いではある。
しかも戦闘で評価が高いとレアドロップが400%UP!!



 

通常の4倍だ!!!
赤いやつよりすごいんだ!!!! 

このシステムのおかげで出来るだけ戦闘を早く、的確に終わらせようという気になるわけだ。
とはいえ戦ってると結構な勢いでモンスタークリスタルが集まっていくので、
アイテムドロップに頼っていられるほど俺の中のモンスター育成魂は日和っていられない。
ならばとにかくお金稼いで成長アイテムを買い漁る毎日がやってくるのだあああ!!
もう今もってるポーションとかフェニックスの尾とか回復アイテムじゃなくお金にしか見えなくなるね(Φ皿Φ)

しかも育てたいモンスターが山ほどいるのがまた辛い。辛いけど嬉しい。
現状で仲間にならないモンスターはほとんどいなくて、ほぼ全て仲間になっていますね。
なので有名どころで言うとベヒーなんたらやらトンベなんたらやらはもちろん、
雑魚系では犬とかナメクジとか鳥バードとかゴブとか。
ライブラでモンスター達を見るとまあ見事に仲間になりますと書いてある。
中には、え!?こいつも!?みたいなものも(;゜д゜)
これだけ仲間が増えまくるのでそりゃお金が欲しくてたまらないわけですよ!! 
こうして金の亡者と化したえどさん“は更なるモンスター育成に向けて旅立つのであった。 

つづく。 



 ✩おまけ


この星のペンダントが高くオットダレカキタヨウダ……。


セラの胸元が気になってプレイに集中出来ないえどさん“です(色々すまん


オープニングも終わりやっとこ主人公のセラさんが登場しました。
現状のストーリーを簡単に説明すると、
あれから3年、グラン=パルスにある海沿いのネオボーダムでノラのみんなと暮らしてましたが隕石が降ってきて気が付けば自分の記憶と違った世界になっててぎゃぼー。
しかも起きたら服装変わってるし!!誰!?これ着せた人!?通報しました!!
とかなんとか言ってたらノエルが出てきてこんにちは。
これライトニングさんからセラに渡って言われたので、
と受け取ったのは弓かと思ったらモーグリ。
しかもなんか喋る。背中にスイッチもファスナーも無いのでおっかないわこの子―。
といった感じでノエルと二人ネオボーダムから旅立ちます。
色々個人的な捏造が含まれていますがこんな流れ。

ネオボーダムでちょっとした捜し物をしたりしていると、
こっから先はモンスター出てくるよーというエリアがあるので早速戦闘だ!戦闘だ!
前作でも好評の戦闘システムが、今作でどう変わったのかを見極める必要がありますからね!
そして歩く。
あれ?敵いないんですが?
そうなんです。今回通常はフィールドに敵がいないんですね。
んでフィールドをてくてく歩いていると、
突然ドギャーーンと敵が出現!!
そしてなにやら画面下にモグクロックなるものが?
どうやらこれが溜まりきる前に敵に接触しないとなんらかのペナルティが課せられるらしい。
とりあえずなーんも解らないので敵に接触すると戦闘シーンへ!
お!ロードはやーいヽ(´―`)ノ
シームレスとはいわないけれどほとんどロード画面とか無い状態で戦闘シーンへ。
これはXIIIと同じ感じで早くてイイ!
こういうテンポに関わるところはほんとにありがたいですね。

 

見た感じは前作とほぼ一緒かな?
と思いきや、
前作でリアルタイムにキャラクターの戦術を変える事が出来た『オプティマ』だったものが
『パラダイムシフト』に名前が変わっていますね。
一応補足しておくと、左下のデュアルアサルトと書いてあるのが現在の『パラダイムシフト』
これを戦闘中に変えることで攻撃に特化や、回復に専念するといった戦術をリアルタイムに変更することが出来ます。
名前が変わったから前と何か違うのかな?と思って触ってみたら、

一緒でしたヽ(´―`)ノ 

あはーーーん( ´∀`)

ですので以前と同じように使えば問題無し。
そして実際の戦闘ですが、
ぶっちゃけますが、もっと戦闘シーン長いと思っていました。
あまりの雑魚戦の速さにびっくり(ちょっと誇張)
前作をプレイした人なら解ると思いますが、
雑魚敵でも結構な硬さでちゃんとオプティマを変更しつつ臨機応変に戦闘する必要があったんです。
それが今回はレベルがそこまで上がってなくてもまあ見事にサクっと終わる。すげえ快適。
この敵はちょっと堅いかな?と思ってチェーンを稼いでブレイクを狙おうかと思ってるうちに倒せちゃったとか多々あります。
これのおかげでゲームのテンポがすこぶる上がっていますね。
そして地味に大きな変更で、


敵がギルを落とす!!!!!


いやいろんなRPGをプレイしてきて敵がお金落とすとかないわーとよく思っていたんですが、
前作ではそれがなく、アイテムを売ったりして稼ぐというシステム。
それが今作ではギルを落とすという従来のシステムに変わった(戻った?)訳です。
ただギルを落とすというだけで何この安心感ヽ(´―`)ノ
脈々と続いて来た文化はそれがあるだけで安心なんですねぇ。
変化しすぎもなんなんだなと改めて実感しました。
とはいえ今回アイテムもいっぱい落とすんですよ。
戦闘サクサクねーっと無駄に戦闘していたら最初のエリアだけでポーション50個超えててびっくり。
ついでにフェニックスの尾も結構出るし。
あれ?これ全部売ったらお金困らん(‘∇’)
前作でのプレミアムチップ集めとかフェニックスの尾集めとかなつかしく思えてきますねぇ。
あれはあれで苦しくも楽しい思い出でしたが今回はこういった痒い処に手が届く感じが素直に嬉しいです。
あ、ちなみにポーションの回復量が150→200になってました。

戦闘を結構したのでレベルアップ出来るじゃん!と、
お馴染みの『クリスタリウム』を開いてみる。
『クリスタリウム』とは要するに手に入れた経験値みたいなものを使ってキャラクターを強く出来るシステム。
すごく微妙な変更点ですが、ここでもテンポよくクリスタリウムを進んでいけるようになっていますね。
んでアタッカーならアタッカーをひたすら上げていくとクリスタリウムのレベルがアップ。
ロールを開放するのが先か?ATBレベルアップで戦闘強化が先か?等と悩みまくります。
こういった中から好きなものを選べるので成長も自由度が上がっていますね。
雑魚戦が楽なのでCP(クリスタリウムのレベルアップに必要な経験値)を貯めるのもスムーズ。
CPを沢山持っている敵がいる場所を見つけて、
その敵用に有効なロールを開放しておいてパラダイムシフトに組み込みレベルをひたすら上げるといった、従来のRPGと同じような流れを作れます。
なにこのやり込みましょそうしましょうみたいな俺得仕様(;゜д゜)
ちなみに前作と違い最初からレベル上げずっとできますよ('∇')

てかなんか良いところばかり書いているな・・・。

いや正直なところね、ここまで良いところばかり出てくるとは思ってなかったんです。
評論家を気取って私が評価しましょうみたいな上から目線な部分がありました。
どれだけのものなんだい?んんん〜〜〜???みたいな。
いざプレイしてみると、普通にFINAL FANTASYとして欲しかった要素が満載で、
気がつくとプレイ一日目の8時間があっという間に過ぎていたんです。
プレイの帰りにえどさん“&ふみいちの相方のふみいちと、
これ・・・面白いよね?そりゃ文句を付けようと思えばいくらでも出てくるんだろうけど、
面白い部分は面白いと認めざるを得ないという会話になっていまして、
むしろテストプレイをした部屋のイスが革のイスでずっと座っているとケツが蒸れて辛いとか、
エアコンもうちょっと利かせてほしかった等というプレイ環境ダメ出しのほうが多かったというね(‘∇’)
とはいえふみいちの記事では色々ともっと突っ込んだ内容になっているはずですのでそちらもチェックしてみると面白いかも。

ふみいちブログ→http://fumiichi.jugem.jp/?eid=761

記事第三回目にしてえどさん“の評価は【かなり良いです】。いやほんと。
これを皆さんがプレイしてどういう評価になるか早くみたいですね。
そして第四回からは私の心を更に突くシステムに言及しようと思います。
ではまた次回でお会いしましょうヽ(´―`)ノ



✩おまけ


おまけのチョコボ
結構すぐ乗れてびっくりしたヽ(´ー`)ノ


きなプロジェクト就任と言うことで前回はご挨拶の記事でしたが、
今回からとうとう『FINAL FANTASY XIII-2』をプレイした感想を書き記して行きますよ!

前置きはこれくらいにして早速ゲームスタートです!
細かいストーリーはネタバレなのと他の方が書いているはずなので写真とともに簡単に進めます。

 
タイトルとご対面

 
そして始まる物語


ライトさんとオーディン兄さん!!


なんか空飛んでる(゜Д゜)


オープニング終わった。
写真が取れなかったシーン(普通にプレイしちゃってた)が多々あるので補足すると、

・ライトニングさんの鎧がカッコイイ(個人的に)
・ダーク系の鎧と魔剣みたいなのを持った『カイラス』出てきた
・ライトニングさんがモンスターや召喚獣と共にカイラスとバトル
・シヴァ姉妹がああああああ
・オーディン兄さんパネェっす!
・バハムウゥゥゥゥゥトオォォォ!!
・カイラスとの空中戦
・ゲートからノエル登場
・ライトさああああああん!!!!

こんな感じ。
解んねえよ!!って?w

ストーリーは置いといて、最初の戦闘ではちょっと敵の体力多いかな?という個人的なツッコミはありましたが久々のバトルシーンですので思い出すのにちょうど良い感じ。
そしてシステム面で面白いものが追加になってました。
イベント戦闘時に『シネマティックアクション』というものが入ってきます。
戦闘開始時やボスの体力を全部削りきった後、
一定値のダメージを与える等の後に入る演出で
スティックを右に倒せ!とかボタン連打!なんかをすることで
イベントシーンに介入出来るシステム。
最近では結構こういった演出が色々なゲームでも入っているので解る人には解りますね。
思いの外時間制限が早かったりするので、
こういった演出は始めてって人にはどうすんだこれ!?っとパニックになるかもしれませんが、
ただ唐突にスティックを右に倒せ!というのではなく、
例えばライトニングさんが剣を右から左へ振ったらそれと同じ方向へスティックを倒すといった演出なので、感覚的に解るようになっています。
しかも戦闘シーン、特にボス戦のBGMがハードロックな感じだったりテンポの良い曲だったりするので、
そのBGM中にシネマティックアクションを入力するシーンが来るとテンション上がりまくるのが素敵(*’-‘)
テンション上がりすぎてミスる事も多々ありますが(;´д⊂)

オープニングシーンはこんな感じで終了。
まだ本編ではなくて、今作の主人公であるライトニングさんの妹の、
『セラ』の登場はこれからです。
もう一人の主人公の『ノエル』はこのオープニングで登場していますが、
どうしてライトニングさんとカイラスのいる場所に現れたのか?
カイラスとの関係は?そもそもあんた誰?等謎が多すぎる存在。
それは進めて行くことで明らかになるはずなのでここではスルーしましょうかね。

オープニングから盛り上がってしまいましたが、
ここまでの自分の感想は、
若干ムービー長いなと思いつつも、
これは次世代の『FINAL FANTASY』がやって来ちゃったか!?
『FINAL FANTASY XIII』よりもぐっと良くなっているのは間違いないといった感じです。
まだオープニングなので判断しかねますが、
今後の展開に期待が持てるのは間違いないですね。
次の記事からは本編突入ということで、
他のジャッジがしないようなところを突っ込んでお届け出来ればと思います。
それでは次の更新でお会いしましょう!


✩おまけ

おまけで主人公セラさんのサービスショット(‘∇’)


セラさんの成長が目まぐるしい(/ω\)


※画像はXbox360版です


この度、FINAL FANTASYシリーズの最新作、
『FINAL FANTASY XIII-2』公式テストプレイヤーとして、
ジャッジをするという恐ろしくも壮大な企画に参加させて頂くこととなりました、
ゲーム実況者の「えどさん”&ふみいち」のえどさん”です。
ゲーム実況動画専門の映像制作スタジオ「スタジオえどふみ」の代表もやっております。

私は、FINAL FANTASYシリーズを1から始めて14までほぼ全てプレイしています。
ですのでこの企画に参加出来る事となりぶっちゃけそりゃもう嬉しいったらありゃしない訳ですよ。
嬉しさのあまりこれやることになりました!!って
ツイッターで言いそうになったりしましたが自重しました。
大人って大変。

FINAL FANTASYは毎回変化して来たタイトルだと思っています。
その変化が心地よかったり、これはそこまでじゃないかな?という作品もありましたが、
最新作の『FINAL FANTASY XIII-2』は、
実は私の中では予想以上に全容が掴めない謎が多いタイトルでした。
『FINAL FANTASY XIII』の2。
ライトニングさんの妹のセラが主人公?
あのエンディングの後から続く物語?
ゲーム雑誌の記事をちょこちょこと見たりしましたがなんぞこれー?な感じでした。
あ、そういえば以前X-2もありましたね。
もちろんX-2もプレイしています。
X-2は冒頭というか序盤はまあびっくりな展開で度肝を抜かれたのを覚えています。
ユ・リ・パですよ!?
今の年齢の自分だと耐えられたかどうか・・・。
ですがなんだかんだでストーリー後半では恥ずかしながらちょっと涙してしまったり。
なんかね、年齢がかさむと涙腺が緩くなるね。
っと年齢の話は置いといて、毎回期待のFINAL FANTASYシリーズですからね。
今回も意外なところで自分のツボを付く仕掛けがまっているかもしれません。
しかも今回は発売前に公式テストプレイヤーとしてジャッジして下さいという
FINAL FANTASYファンとしては感涙の待遇でのプレイが出来る。
そりゃ良いことしか書かない!!!






とは言いませんよ?


ここで公平なジャッジが出来ないようならこの企画に参加する意味がない。
私の書いた記事を見て、今作を購入するかどうかを決める人だっている。
ならば代表の13人の1人である私は、
その勤めをきっちりこなし、皆さんにそれを伝えなければならないのです。

私は、私が見て感じた、

『FINAL FANTASY XIII-2』

の世界を余すことなく公平に評価する事をここに宣言致します。

宜しくお願い致します!!



とちょっと真面目に宣言してみるプレイヽ(´―`)ノ


次回はストーリー冒頭のレポートをお送りします('◇')ゞ